« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

Living on a Prayer(BON JOVI)

やっぱり80年代のHRの代表曲だと思います。私はいまでもカラオケで歌っています。

ボンジョヴィの人気を不動のものにしたアルバムだし、かっこよさも飛び抜けていました。

「リビングオンアプレイヤー」に限らず、「禁じられた愛」など多数の名曲も収録されていて、80年代ロックを知る上で、コレを聴かずに語れない位の名盤だと思いますので是非。

http://jp.youtube.com/watch?v=nE11Zrrp24I

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Tokyo Road(BON JOVI)

夜明けのランナウェイを引っさげて当時のスーパーロック84のステージに上がった翌年のアルバム「7800° FAHRENHEIT」の代表曲です。まだ世界的に人気の無かった彼らを我が日本がピックアップし、ミュージックライフなどの雑誌で特集など取り上げていて、私も大好きになりデビュー時から良く聴いてました。

TOKYO ROADはその象徴の曲だと思いますし、今となっては日本人として誇りに思います。

http://jp.youtube.com/watch?v=ZHrCZfVwdf4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Seven Wishes(Night Ranger)

私がひいきにしてた「ナイトレンジャー」の記事Vol.2

「7Wishes」は、初めてコンポを買ったときに最初に盤においた記念すべきアルバムです。針が自動でLP盤に置かれるのが、とても感動的でした。

アルバムの内容的には、ヒット目的のバラードがあり、両ギタリストの腕前披露がありと、バリエーションに飛んでいますが、彼らの中では、ある意味最高傑作!?何じゃないでしょうか。嫌いじゃないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Home Sweet Home(Motley Crue)

モトリークルーも大好きだったバンドのひとつ。80年代のアメリカンハードロック(ヘヴィメタル)の代表といっても良いでしょう。

たくさんの名曲がありますが、バラードではやっぱりこれでしょう。ワイルドさが漂う彼らには似使わないギャップがいいです。

まさにマル必。PVもおもしろい。

http://jp.youtube.com/watch?v=S4457H6Gxd8

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Metal Heart (ACCEPT)

ドイツ出身のメタルバンドとして成功した中の1つ。

この「メタルハート」はメロディアスで間奏にはある名曲が演奏されていて完成度も高いです。ボーカルのウドのルックスはイマイチですが、お堅いメタルが好きな方は是非どうぞ。

http://jp.youtube.com/watch?v=j9eU-79sL7U

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タオル(CRAZY KEN BAND)

考えるな、感じろ!

この「タオル」の歌詞にも歌われているこのフレーズこそがニューアルバム「ソウル電波」のメッセージになっています。

ロカビリー、パンク、ハードロック、ヘヴィメタル、ユーロビート等国内外問わず経験してきた不肖な私ではありますが、40を近く迎える現在ハマッているのは、このCKBです。自称東洋一のサウンドマシーンとして横山剣が率いるバンド「クレイジーケンバンド」であります。

メインは80年代を紹介していきますが、たまのスパイスとしてCKBの良さも紹介したいと思っております。

まずは8月8日にでたニューアルバム「ソウル電波」の曲「タオル」を紹介します。この曲は比較的さわやかな曲調でイイネ!剣さんサイコー!って感じです。

http://jp.youtube.com/watch?v=f8mSfrjE_ZM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Just Another Night(MICK JAGGER)

The Rolling Stonesの肉じゃがことミックジャガーのソロです。

ローリングストンズを愛する方々にとっては、80年代の彼のこのアルバムを否定したりしますが、80年代を生きてきた私にとっては、その時代の流れに沿ったこれはいわゆる「あり」だし、かっこよかったと思います。実際私はローリングストーンズはあまり聞きませんが、シーズザボスの頃の肉じゃがが好きでした。

http://jp.youtube.com/watch?v=brrUWDEBSBk

1/2 A Loafもおもしろい

http://jp.youtube.com/watch?v=i6vpuGdHmdU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mr.Roboto(STYX)

ドモ アリガット ミスターロボット

と日本語で始まる歌詞とジャケットの異様な感じに興味を示した「STYX」というバンド。やはり日本語が入っているとなぜか親近感があって好きでした。

最近ではTV電車男の頭出しで使われたりして、そのときに懐かしさを覚えたのは私だけでしょうか・・・・しかし私はオタクではありません・・・がアキバは好きです・・・って自覚の無いオタクかも・・・

http://jp.youtube.com/watch?v=JRNGbs26MNo

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Far Beyond the Sun(Yngwie Malmsteen)

聴いてて泣けるギターってこの曲のことかなあと思わせてくれる。マイケルシェンカーも好きだったけど、やっぱりインパクトはこっちの方が衝撃的だったと思います。

アルバム「ライジング・フォース」が出たときは、とにかく聴きまくった。なにせ、全曲が名曲です。まさにクラシックを聴いてる感じで、イングヴェイのギターが奏でるストーリーがとにかくすばらしい!

もし、人生の中でイングヴェイ・マルムスティーンに遭遇していない方は是非、必聴!

http://jp.youtube.com/watch?v=_QsMrpbN2eo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Empty Rooms(GARY MOORE)

ギターはピカイチ、歌はピカ3くらいのゲーリーですが、バラードはなぜかいい味を出してくれる。

ギターをギンギンと奏でた曲も彼らしく好きではあるが、20年以上たった今では、「エンプティルーム」がしっとりと身にしみて聴いてあげれる年頃になってしまった、四十前の私であります。

http://jp.youtube.com/watch?v=AtUYMLxZ_94

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BIG WAVE(TATSURO YAMASHITA)

暑い夏が続く今日この頃、ちょっとでも爽やかな気持ちにさせてくれるのはやっぱり「山達」。特に映画のサントラ盤だった「BIG WAVE」は子供の頃よく聴きました。えらい英語がうまい兄ちゃんだなあと関心したものでした。

それ以来、山下達郎のファンになり、アルバムもすべて持つようになりました。後にクリスマスイブやライドオンタイムなどのメジャーなヒット曲が、曲が発表されただいぶ後に出ましたが、あの歌声は今でも変わらないので聴いてて安心します。

http://jp.youtube.com/watch?v=EO0sxgcS9z4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界で一番暑い夏(PRINCESS PRINCESS)

これも当時の時代背景を表したバンドのひとつです。バンドブーム、イカ天など下手クソでも何でも束になればバンドと呼んでた。

中山加奈子のギターがいつも痛々しく聴いてたけど、曲調は嫌いでなくそれなりでした。大学時代の青春の1ページって感じかな。

夏らしい曲の代表的なひとつといえるでしょう。

http://jp.youtube.com/watch?v=ovmx9mRTIP0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

101

14日に約1ヶ月ぶりに行ってきました。場所は前回と違い、比較的やさしいコースを回りました。最高気温35度の中12時スタートで始まり、いきなりパー5で8をたたきトリプル。その後7、8と大たたきを続けハーフを55を折り返しました。熱中症に注意しながら水分補給に気を使い、今日こそ今年初の100切りを目指すがちょっと厳しくなった。まあいつものことだし、ラウンド前の練習もしなかったのでしようがないと気持ちを切り替え後半に挑みました。しかし、折り返し1ホール目でいきなりパー5で8をたたきトリプル。またもや出鼻をくじかれてしまい、半ば「今日も無理か・・・」とあきらめかけたけど、地道にスコアメイクに励み、だんだんボールも落ち着いて出来ました。そして終盤にパーが続いた最終ホール。ティーショットもフェアウェイキープでもしやと思いつつ2打目をOB。あがったらダボ(パー5の7)で、ハーフ46で終了。結局トータル101で最後のOBがなければと、いつものタラレバを口にしながらも、あまりの暑さに思わず翌日新しい帽子を買ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hiroshima mon amour(ALCATRAZZ)

終戦記念日

元レインボーのグラハム・ボネットがイングヴェイ・マルムスティーンを率いて作ったバンド「アルカトラス」のファーストアルバムの中の曲です。

ちなみにバンド名の由来は脱出がほとんど不可能な刑務所のアルカトラズ島からとった記憶があります。ジャケットはその島のイメージかと思います。

PVの印象が強いですが、やっぱりグラハムの歌よりイングヴェイのギターのインパクトが強すぎて後のソロアルバムなんかも聴きまくりました。

http://jp.youtube.com/watch?v=2Rris7Ys6Z8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rock This Town(STRAY CATS)

ストレイキャッツは、ロカビリーだけど大好きなバンドでした。ブライアンセッツアーの切れの良いギターが好きで、何枚かアルバムも持ってました。先日もホテー(容疑者)とセッションしてたTVを偶然みました。年をとったけどウデは健在で見ててうれしくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BACK IN BLACK(AC/DC)

アンガスヤングのヘッドバンキング&足踏みが大好きなパフォーマンスでした。しかもランドセルまでしょってのスタイルはセンセーショナルでした。バンドは確かオーストラリア出身だったと思うがアメリカでも人気がありました。

曲はもちろんタテノリ、現在聴いても結構のれます。

http://jp.youtube.com/watch?v=3UT8IBK_esM

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Hotel California(GIPSY KINGS)

番外編

もともとイーグルスの曲なんですが、大好きな曲「ホテルカリフォルニア」を大好きだったジプシーキングスが演奏してたのが、思わずいい味を出していて良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Final Countdown(EUROPE)

これまた あま~い!

ルックスからすればこのバンドも外せない。高校時代にメチャメチャ聴いたアルバムで、最近でもTVのBGMで使われたりする曲で、大ヒットしました。もともとは北欧のバンドで「ハノイロックス」同様他国でも人気がありました。

当時通った喫茶店にも毎日かかっていて、入りびたりだったのを思い出します。

http://jp.youtube.com/watch?v=0ZkllM8znx4

バラードの「Carrie」もグッド!

http://jp.youtube.com/watch?v=666lbj8RlbE

| | コメント (2) | トラックバック (0)

In My Dreams(DOKKEN)

あま~い!

どこかの漫才師に突っ込まれそうなドン・ドッケンの美声が特徴のバンド。もちろんジョージ・リンチのギターも炸裂していてデビューアルバムからこの3作目まで持ってた大好きなバンドの1つ。

ルックスもあま~い感じなのでとても人気があり、2作の「Tooth and Nail」が爆発的なヒットを飛ばしいい曲がたくさんあります。

でも、甘さで私はこれがいいかな。

http://jp.youtube.com/watch?v=L7Yno5p2D30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Big City Nights(SCORPIONS)

「禁断の刺青」はホワイトスネイク同様、アメリカ進出を目指して作られた作品といえます。よって私的には「ブラックアウト」も好きですが、やっぱりこっちがメロディがいい。

http://jp.youtube.com/watch?v=zDDIjq5HTAM

ちなみにルドルフはマイケルシェンカーの兄です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Still of the night(WHITESNAKE)

デビカバがアメリカ進出した時のアルバムに収録された曲。なかなかのヒットで大成功だったと記憶している。

これまでとはガラッと変わりカッコよく、アメリカウケしそうな感じで私的にはそれが良かった。ヒアゴーアゲインもいいけど、こっちのほうがやっぱりカッコイイ。

http://jp.youtube.com/watch?v=Lqb5EcU65IQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vacation(The Go-Go's)

ベリンダ・カーライルの歌声がなんとも言いようが無いくらい大好きでこのセカンドアルバム「バケーション」も良く聴きました。

ベリンダはソロになって

「Heaven Is A Place On Earth」

http://jp.youtube.com/watch?v=VQahvFdQVu8

が爆発的な大ヒットをしたけど、原点はやっぱりゴーゴーズ。

http://jp.youtube.com/watch?v=eo8S3iFdzUc

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Perfect Strangers(DEEP PURPLE)

ディープパープル=バイブルみたいな感じでした。年代的にビートルズ世代ではないわけですが、このおっさん達、特にリッチーブラックモアを崇拝してた時期がありました(短期間ですが・・・)。

「マシンヘッド」「紫の炎」などの名作があり「メイドインジャパン」なんて聴きまくった方ですが、あえて再結成したアルバムを推しました。やっぱり彼らが再結成してくれたことが何よりも良かった。って良かったのは曲じゃないって・・・いや曲もいいですよ。

時代といってしまえばそれまでですが、常に輝きを放ちながら!?(無理しているところもかなりありますが)がんばっている姿がすばらしい。

http://jp.youtube.com/watch?v=uwoTaisFMIE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Warning (QUEENSRYCHE)

当時、ミニアルバムが出たとき思わす買ったバンドで、その後のフルアルバムがこの「警告」ってやつ。新人バンドにしては演奏は完璧で俗に言うプログレって部類に入るみたいです。ノリはないですが、じっくりしんみりとHRを聴きたい方向けかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hold On To 18(Black N' Blue)

LAメタルの代表的バンドの1つ。軽快なフレーズがたまらず好きでした。デビュー当時から爆発的なヒットは無かったものの個人的に名曲が目白押しだったと記憶してます。受験中もBGMで聴いてても邪魔にならなかったし、バラードもGOOD!

http://jp.youtube.com/watch?v=1WxYjH9I4fM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Price(TWISTED SISTER)

ジャケットの絵をみてもこの男の個性がアルバムの中にあふれています。でも曲は最高にカッコいい曲ばかりです。

「We're Not Gonna Take It」や

「I Wanna Rock」

が彼らの代表曲になるかと思いますが、あえてキャラとのギャップがあるバラードを選択しました。

学生だった私にはとても楽しいバンドでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cum On Feel The Noize(QUIET RIOT)

ビックマウス

メタル系でのアルバム1位という偉業を達成した、彼らいや彼はその代名詞で世間を賑わせた。そんなアルバムを何枚か(QRⅢまで)持ってた私は決してビックマウスではありません。しかし、当時はすごい人気があり勢いもあって何かと楽しかったバンドでした。彼らを悪くいう人が多いけど、私はランディーローズが好きだったので、これまた応援し続けたのでありました。

http://jp.youtube.com/watch?v=KW2J_UZ8lQU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Round and Round(RATT)

80年代のLAメタルの代表格。これはデビュー曲で当時はよく売れてました。人気もありました、が長くは無かったかな。このアルバムが一番良かったような気もします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Hysteria(DEF LEPPARD)

このバンドのロゴもよく真似してノートに書いてました。

前作の「炎のターゲット」も爆発的なヒットをしただけあって気に入っていますが、この「ヒステリア」はドラマーのリックアレンの事故の影響でかなり間が開いて発売されたけど、待った甲斐があっただけの完成度だと思った。しかし、片手用のドラムセットを開発したのには脱帽でした。ヒステリアはバラードでメロディが最高!

http://jp.youtube.com/watch?v=9lneyBoDq0c

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »