« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

Don't Look Back(BOSTON)

ボストン・レッドソックス ワールドチャンピオンおめでとう!

パレードもすごかったですね。

今年のボストンは本当に強かった。春から独走を続け、ヤンキースに追いつかれそうになったりしたけど、堂々の地区優勝、地区シリーズチャンピオンと勝ち続け、最後には圧倒的に4連勝してのワールドチャンピオン!すばらしかったですね。

松坂、岡島と日本人も活躍して、投手陣がしっかりしてたと思います。

私はニューヨークヤンキースの大ファンですが、今回ばかりは祝福します。

というわけでボストンの曲を紹介しました。

http://jp.youtube.com/watch?v=KiOqHLVxZvA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUGITIVE(EARTHSHAKER)

青春の1ページ、アースシェイカーのナンバーで好きな1つです。

日本のロックバンドで80年代にあれだけ輝いていて、21世紀、いまだにロックしている姿に脱帽します。

私は四十前のオヤジになってしまいましたが、ハノイロックスもそうですが、箱(ライブハウス)は小さくなってもまだまだ輝いている彼らを見ていると私自身まだまだ老いたと言ってられなくなるので、すごく励みになります。

ただ懐かしさだけで終わらないように私は’80年ロックを愛し続けて生きたいと思っています。

http://jp.youtube.com/watch?v=BXAAcA_Xsso

| | コメント (0) | トラックバック (0)

With Or Without You(U2)

アルバム「WAR」が好きな私ですが、この曲を聴くと「ヨシュア・トゥリー」もやっぱり最高だったと痛感しますね。

エッジのギターリフが冴えわたって、鳥肌もんですね。

実は久しぶりに聴いたのですが、心に沁みてきて感動してしまいました。

80年代  万歳!・・です。

http://jp.youtube.com/watch?v=yEfSnjL0pd8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ORIENTAL BEAT(HANOI ROCKS)

これは2ndアルバムです。アルバムタイトルとなっているこの曲は、彼らの元気さ、荒削りさが存分に表れています。

私は3rdアルバムからハノイロックスを知ったのですが、当然前作(1st,2nd)は押さえた中でこの曲は5本の指に入るお気に入りです。

今回の来日を目の当たりにされた方、正直羨ましいです。この曲もエントリーされてたようですね。

http://jp.youtube.com/watch?v=_bFkUjBYSPo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉体関係Part2逆featuring(CRAZY KEN BAND)

CKBの番外編

剣さんはいろいろなジャンルの方と組んで音楽を提供してくれます。

これもそのひとつです。

曲はCKBなのですが(歌詞がほとんどないもの)、ライムスターがヒップポップにアレンジしたもので、とてもイーネ、イーネ、イーーーネ!

ライブDVDでは、ライムスターが飛び入りで出演して盛り上げてくれたり、CKBのライブもとても楽しめるのでいいですね。

http://jp.youtube.com/watch?v=oaOs8M14bAw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Highway Star(Deep Purple)

何百回聴いたでしょうか、千回超えてるかも・・・私的にはHRのバイブルだと思っています。

80年代ロックは好きでしたが、これは特別ですね。ビートルズよりもリッチーブラックモア先生でしたね。

時代をどれだけ越えても、色褪せない曲たちに乾杯!

http://jp.youtube.com/watch?v=KgZSnAkQc4c

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Animal(Def Leppard)

クリアーなサウンドが私の心を打ってくれるデフレパードは、当時の思い出を走馬灯のように頭の中をめぐらせてくれます。

彼ら自身もいろいろな局面を乗り越えて来たバンドなので、心が打たれます。

私自身もたくさんの失敗を繰り返して現在に至っているので、是非亀田ダイキ君にも聴いて頂きたいアルバムです。

http://jp.youtube.com/watch?v=Djv5GJndscI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Total Eclipse of The Heart(Bonnie Tyler)

ドラマチックなこの曲は、何度聴いても心がせつなくジーンと来ます。

ボニータイラーの声質が好きでこの後にでた「ヒーロー」の方が映画でメジャーになった感じですが、ヒーローも嫌いではありません。

ボニーを知らない方は是非、必聴です。

http://jp.youtube.com/watch?v=55nTwg5NIPM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SPARKLE(TATSURO YAMASHITA)

なんか、またハワイへ行きたくなってきました。

とは言っても私はサーフィンはできません。ハワイの雰囲気がいいです。ホントALOHAみたいな。

夏が終わり秋の気配が本格的になり朝起きるのがおっくうになった今日この頃、私は5月から始めたウォーキングを現在も続けています(8kg減量成功)。ダイエットは継続中ですが、最近リバウンド気味でちょっとヤバイ感じです(秋は食べ物がうまい!)。

なのでせめてウォーキング中に携帯で聴いている曲ぐらいは夏の気分で歩かせてって思いでがんばっています。

朝は「山達」で気持ちよい目覚めを・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Don't Tell Me You Love Me(Night Ranger)

やっぱり、ナイトレンジャーはバラードよりノリのいいのが最高!

特にこの曲は、彼らのデビューアルバムの1曲目で、私がアメリカンハードロックのファンになったきっかけになった思い出が詰まっています。

ブラッドギルスのギターの虜になり、LP盤が針で穴が開くかと思うくらい聴いたし、テープでも擦り切れるまで聴きました。

http://jp.youtube.com/watch?v=nahUZAoZw-Q

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Live Wire(Motley Crue)

80年代のLAメタルの象徴、モトリークルーのデビューナンバーです。

ラットと並んで当時のLAを盛り上げていて、全米チャートも急上昇していきました。

荒々しさがあるものの、やはりカリスマ性は当時からありました。

http://jp.youtube.com/watch?v=ne-Pg4r33bM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STREET ROCK'N ROLLER(44MAGNUM)

ラウドネス、アースシェイカーに次いで、よく聴いていたジャパニーズHMバンド「44マグナム」です。

音的にはLAメタル系の軽い感じで、ボーカルも軽いですが、10代だった当時には受け入れられました。でも今聴くとちょっと恥ずかしい感も否めません。でもかっこよかったですよ。

http://jp.youtube.com/watch?v=ble5yh540Zk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

104

本日も100を切るためにラウンドしてきました。

が最近仕事が忙しく、ブログの更新はもちろん練習も出来ずにチャレンジ。

まあいつものことですが、前半のスタートが悪い。いきなりトリプル。8、9とたたきハーフにして55で終了。今日はいつもよりドライバーとアイアンがひどい。特にドライバーは言う事をきいてくれない、左・右と散ってしまう始末。ただ後半は何とか、ボギーとダボを重ねて行ったが、パーが取れなかったのが響き、49。トータル104となりました。

前回の101と同じコースだったのですが、やはりフェアウェイが狭いため、ドライバーの良し悪しでかなりスコアを落としてしまうので、ドライバーの練習がひつようですな。

次回も懲りずに100切りを目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Something In My House (Dead Or Alive)

ロックも流行ったけど、80年代後半にはユーロも流行りました。

特に私のお気に入りはこの「デッド オア アライブ」。

声は低いのですが、ノリがよく、耳に受け入れやすかったのが一番の理由です。

というわけで当時の代表曲と思われるこのナンバーを。

http://jp.youtube.com/watch?v=yplUEVd8AaI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rebel Yell(BILLY IDOL)

ビリーはビリーでもあのブートキャンプとは関係ありません。ましてや私のプロフィール名とも関係ありません(私はブートのビリーからとりました)。

当時アメリカで吉川晃司のような(ちょっと例えを間違えたかな・・・)センセーショナルな登場をした彼の代表曲です。

特に好きではなかったのですが、PVがたくさん流れてて頭に残って覚えてしまいました。

http://jp.youtube.com/watch?v=ToeY7MkCm0c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »