« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

More(EARTHSHAKER)

おまけ

モアは2回目、今日の書き込みも2回目。

今日は仕事は代休でのんびりできました。

大好きなアースシェイカーで面白いのがあったのでアップしてみました。

歌唱力は私が上かな、ギターテクは・・・似たようなもんかな・・・coldsweats01

モア最高!

(注)アースシェイカーは出ておりませんbearing

| | コメント (8) | トラックバック (1)

Almost Paradise(LOVERBOY)

小僧のとき見たフットルース

元気な映画でした。ラブロマンスもありで。

80年代の洋楽もそうですが、映画も名作が多かったですね・・・その時代を青春として生きたからかもしれませんが。

以前紹介したトップガンのサントラに収録されてた「Heaven in Your Eyes」もラバーボーイの名曲ですが、このパラダイスも捨てがたいですね。

本来もっとロックをしてたバンドなんですが、サントラ提供で味をしめたのかちょっと残念でした。

ゲットラッキーまでだったかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Cry For The Nations(Michael Schenker Group)

最近の天気と同様、気分がなんかスッキリしない日々が続きます。天気がスッキリしてないのは北陸だけかな!?

そんな時、私はマイケルをよく聴くのです。

彼ならすべてを吹き飛ばしてくれるような気がして・・・小僧だった頃に戻れますね。

学校や私生活で嫌な事があっても、小僧だった頃はロックが支えになってくれてました。

今は・・・今もやっぱりロックですかね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

RIO(DURAN DURAN)

ハードロックも好きですが、デュランデュランも大好きでした。

こんなミーハーな私をお許しください。デビューからノトーリアスまでですけどね。

ジョン・テイラーが好きでしたね。かっこ良かったので・・・

変な目で見ないでくださいね、ちゃんと妻と子供がいますから。

前にリフレックスを紹介したので、今回は2ndのこれを紹介します。

やっぱり80年代が蘇ってきます。

| | コメント (14) | トラックバック (2)

Sweet Child O Mine(Guns N' Roses)

だいぶ昔に「Welcome to the Jungle」を紹介しましたが、80年代後期のガンズは良かった。

今回の曲は軟らかい感じで聴きやすく、全米1位までのし上りました。

そんな癒された気持ちでこれから地元の温泉へ行って1泊してきます。

いわゆる加賀温泉郷です。今日は片山津温泉というところです。

石川県は温泉が多く、和倉温泉・山中温泉・山代温泉など有名な温泉地も多数あります。

でも高級な旅館はやはり地元の人間も泊まれませんが、最近はリーズナブルなところも増えましたので、是非一度お越しくださいませ。

能登(加賀)復興に貢献してみましたhappy01

| | コメント (18) | トラックバック (0)

Just Got Lucky(DOKKEN)

DOKKENは80年代ごひいきにしていたバンドのひとつ

ドン・ドッケンとジョージ・リンチが大好きでノリ良し、バラード良しの最高のバンドでした。

奇跡的に08年もニューアルバムを出す勢いで頑張っていますが、ジョージはいません。

やっぱり80年代は良かった。

そんな中の一曲です。

ドッケンの中でもアルバム「Tooth And Nail」はピカ一でしたね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Turn Around & Count 2 Ten (Dead Or Alive)

だいぶ体調も良くなってきました。

私の周りに風邪菌が増えてきてネット間でも増殖している!?ようです。

皆さん、気をつけましょう。

で、今回はこれ。

デッド・オア・アライヴの代表曲のひとつです。前も紹介しましたね。

当時のユーロビート時代でもひときは異彩を放っていた!?・・・私の中ではユーロの象徴だったんですけど、今聴いてもすばらしいです。

生きるか、死ぬか!

風邪も油断しては大変な事になりますのでご注意を。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Can't Take My Eyes Off You(Boys Town Gang)

東京から帰って来ました。しばらく間を空けてしまってご心配された方スイマセンでした。

大学時代の盟友たち(同期と後輩達)と会って来ましたが(メインは仕事です)、大学卒業して20年弱経ってもまだ10名以上も集まってくれたみんなに感謝してます。

ありがとう!

私は本当に幸せ者だとつくづく思いました。

体調は最悪でしたが楽しすぎてお酒も飲みすぎたのも悪化の原因かも知れませんが・・・でも気分は最高!でした。

で今回は

君の瞳に恋してる

いろんな意味で、東京生活が楽しかった、最高の思い出です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Eruption(Van Halen )

今夜から大寒波が到来です。どうしましょう。

これまでギターソロの曲としてマイケルシェンカーとイングヴェイ・マルムスティーンを紹介しましたが、今回はエディ・ヴァン・ヘイレン。

ファーストアルバム「炎の導火線」の2曲目に収録されたインストですが、初めて聴いたときはおったまげました。

その邦題も「暗闇の爆撃」。これも衝撃。

私は1984からなので後追いで1stから聴きましたが、ヴァンヘイレンは全部カッコイイです。


Eruption - Van Halen

時間に余裕がある方は、エディの長いソロをご観覧くださいませ。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

Are You Gonna Go My Way (Lenny Kravitz)

寒さを吹き飛ばせ!

少し風邪を引いて体調は万全ではありませんが、今週末の東京出張までに何とか治したく身体を休めております。

しかしながら冷え切った心を暖めるのには、ロックが一番!しかもこれなんか抗生物質より効果あり。

という事で今回はレニー・クラヴィッツ。

彼の多彩な才能には脱帽です。

彼の代表曲であり、元気が出る曲といえばこれっきゃないでしょ!!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

God Save the Queen(Sex Pistols)

HR・HMを聴く前パンクを少しかじってました。

その時衝撃的だったのが、この曲。クラッシュに行けばよかったのですが、なぜか友達がセックスピストルズを紹介してくれたのでこっちに行きました。

中学1年、横浜銀蝿よりセックスピストルズ。アナーキー(亜無亜危異)よりセックスピストルズ。

こっちの方がグレるよりanarchyでカッコイイと思ったので。日本よりロンドン。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

Sister Christian(Night Ranger)

シスタークリスチャン

これまでナイトレンジャーは3曲過去に紹介してきましたが、今回はあえてこの曲。

実際私はこの曲は嫌いなのです。なぜか・・・それはナイトレンジャーらしくなかったからです。

もっとブラッド・ギルスがバアーンと前に出ているような曲が好きだからです。

でも、売れちゃったからしようが無い。売れたという意味では名曲になるのですが、人気の為ならバラードをという路線が気に入らなかったです。

この後幾つものバラードをだしましたが、売れ線仕様にしか聴こえませんでした。

でも当時ナイトレンジャーは私の宝でしたし、結局受け入れましたけどね。

他にも名曲がたくさんありますからね。ナイトレンジャーはこれからもたくさんアップしていきますよ。


Night Ranger - Sister Christian
Uploaded by jpdc11

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Tell Her About It (Billy Joel)

私が洋楽を聴いていた初期のころ、BILLYにはまっていました。

私のHNのある種、ルーツでもあります(ブートキャンプでもいいんですけど・・・)。

そのころに大ヒットしてた曲がこれ、「彼女にアタック(邦題)」

すごいタイトルだなあと思い聴いてたら楽しい音楽が流れてすぐに虜になってしまいました。

ココからが本格的に洋楽を聴き始めたきっかけです。ベストヒットUSAも毎週チェックしたりしたものです。

その後に昔のも聴くようになり、オネスティやストレンジャーなどの名曲をたくさん知り大ファンになりました。

今、先週のスマステ80年代の洋楽ベスト30を見逃して悔やんでいる私がいます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Purple Rain (PRINCE)

人気は絶大でしたが、今で言うキショイ兄ちゃんだと思い、軽蔑しながら観ていたときがありました。

「ビートに抱かれて」なんてキモくて見てられなかった。

「レッツ・ゴー・クレイジー」 ん、ノリが良くてちょっといいかも・・・

アルバムタイトルのこの曲(アルバムの最後の曲)で彼の固定概念を改めた感じでした、というよりやはり衝撃的でしたね。

やっぱバラードでした。

その後の彼の活躍をみても84年の衝撃までは受けませんでしたね。

いい時代でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

I was made for loving you(KISS)

思わず、キャノンのEOS KISSを想像してしまいますが・・・私はキッスが大好きでした。

メイクをしてた70年代、素顔になった80年代などキッスの歴史もさまざまな局面を迎えながら、がんばっているそんな彼らにリスペクトです。

私のHR・HMのルーツでありアメリカン・ロックを好きになったきっかけの「デトロイト・ロック・シティ」(過去記事参照)なんか最高のロックです。

今回は79年のちょっとポップな感じのナンバーですが、キッス大人気の代表曲と位置づけされたこの曲はやっぱり、「あり」なのです。

ポールとジーン・シモンズがいる限り応援していきたいです!!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »